R5/アール・ファイヴ

NEW ADDICTIONS TOUR

BIOGRAPHY バイオグラフィー

  • メンバーはライカー(ベース/ヴォーカル)、ライデル(キーボード/ヴォーカル)、ラトリフ(ドラム)、ロス(リードヴォーカル/ギター)、ロッキー(ギター/ヴォーカル)。バンド名の由来は全員名前の頭文字が“R”のことから名付けられた。
  • 2009年に自主制作のEP『レディ・セット・ロック』をリリース。2012年4月には、ハリウッド・レコードとレコーディング契約。その一方で、ライカーとロスはそれぞれ、テレビの世界でも成功を収めていた。ライカーはドラマ『glee』に出てくるアカペラグループ、ウォブラーズのメンバーのジェフ役を演じた。ロスは、ディズニー・チャンネルで放映された『Austin & Ally』シーズン3で主役を務めた。また同じくディズニー・チャンネルのテレビ映画『Teen Beach Movie』にも出演。同作は米ビルボードのサウンドトラック・アルバム・チャートで1位を獲得し、全米アルバムチャートでも6週連続でトップ10内に入った。2ndアルバム『サムタイム・ラスト・ナイト』は、米ビルボード・アルバム・チャートで6位を記録。バンドは精力的にライブツアーを行なっており、2017年だけでも北米・南米ツアー27公演に加え、9/13 アイルランドよりスタートしたヨーロッパツアー27公演を敢行。いずれも熱いステージを繰り広げた。
  • 日本では2016年1月に単独公演、8月のフェス参加に次いで3度目の公演が2018年1月に決定!今いちばんの注目バンド、R5のライブで盛り上がろう!
PAGE TOP