UDO音楽事務所について

About UDOウドー音楽事務所について

1967年、ウドー音楽事務所設立

1960年代、世界的な人気を博していたビートルズの来日を契機に、外国人ミュージシャンへの関心が飛躍的に高まり、彼らの演奏や唄に肌で触れてみたいと熱望する声が高まりました。こうした社会的要求を背景として、1967年、ウドー音楽事務所が設立され本格的に業務を開始します。当時のコンサート・マーケットは現在のようにコンサートのプロモートとして確立されたものではなく、有名ナイト・クラブ、米軍クラブ、テレビ等に出演させるという形態で、ルイ・アームストロング、サミー・デイヴィスJr、ライチャス・ブラザーズをはじめとする多くのビッグ・アーティストを紹介し、プロモーターとしての基盤を確立しました。

日本初のロック・プロモーターへ

1970年代、若者の音楽文化の主流が従来のクラシック、ジャズのフィールドからロック、ポップスへと移行しはじめたことを受け、ウドー音楽事務所は、日本初のロック・プロモーターとしての道を歩みだしました。1972年の事です。当時最強のアメリカのロック・トリオ、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)、エマーソン、レイク&パーマーの野外コンサートを皮切りに、レッド・ツェッペリン、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、イーグルスなど、今日のロック・ミュージックのルーツともいえるアーティストのコンサートを実現させ熱狂を持って迎えられました。

音楽ファンのニーズに応えて

ウドー音楽事務所は、1980年代以降も次々と大物アーティストの来日を実現。ビリー・ジョエル、エアロスミス、ブルース・スプリングスティーン、ボン・ジョヴィ、ジャネット・ジャクソン等、時代を代表するスーパー・スターが最高のコンサートを繰り広げています。巨大化し、また、多様化するコンサートのなかで、日本で初めての複数アーティストによるイベント形式のコンサート、東京ドームの柿落とし公演として大変な熱狂を持って迎えられたミック・ジャガー・コンサートとそれを端緒としたローリング・ストーンズ・コンサート、そして新人アーティストのショー・ケース・コンサートに至るまで音楽ファンの様々なニーズに幅広くお応えしています。更に、サマー・フェスティバルや社会的テーマを持つアムネスティ・インターナショナル・コンサート、新年をドームで祝うファイナル・カウント・ダウン、ニュー・イヤーズ・ギグ等の画期的なイベントも実施し、人々の心に残るコンサートを数多く送り続けています。

UDOグループ

  • ウドー音楽事務所

    〒107-0061
    東京都港区北青山2-12-5 KRT青山3F
    TEL.03-3402-5999(代表)

  • 大阪ウドー音楽事務所

    〒530-0002
    大阪市北区曽根崎新地2-6-23 MF桜橋ビル6F
    TEL.06-6341-4506(代表)

PAGE TOP