MR.BIG/ミスター・ビッグ

BIOGRAPHY バイオグラフィー

  • デイヴィッド・リー・ロス・バンドなどで活動していたベーシストのビリー・シーン、実力派ヴォーカリストのエリック・マーティン、世界最速の技巧派ギタリストのポール・ギルバート、セッション・マンとして知られるドラマーのパット・トーピーの4人により結成。個性あふれる才能とそれぞれのプロフェッショナルが集まり、1989年にアトランティック・レコードより、セルフ・タイトル『MR.BIG』でデビュー。
  • 1991年に発表した2ndアルバム『リーン・イントゥ・イット』が大ヒット。ポールとビリーがドリルを使って掛け合いをする強烈なナンバー「ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ」などの話題曲も収録しキャッチーなメロディを持ったハード・ロック・グループとして日本においても絶大な支持を得る。さらに、あるラジオ局のDJがかけ始めたというバラード・ナンバー「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」は、最終的に全米1位にまでチャートを登り詰め、このアルバムで大きな飛躍を遂げる。そして1993年に発表した3rdアルバム『バンプ・アヘッド』ではキャット・スティーヴンスの「ワイルド・ワールド」のカバーを収録し、日本での人気は不動のものとなった。1996年にはヒット・シングル「テイク・カヴァー」を収録した4thアルバム『HEY MAN』を発表。この作品は、なんとオリコン総合初登場No.1の偉業を成し遂げる。MR.BIGは、発売するアルバムがそれぞれ数十万枚の大ヒットを記録するというモンスター・グループとなり、1996年に発売されたベスト・アルバム『Big, Bigger, Biggest』では、100万枚に迫る巨大なセールスを記録する文字通りのスーパー・ロック・グループとなった。その一方で、個性と才能がぶつかりあう集団であるグループならではの、くすぶっていたといわれる人間関係が1998年、サウンドの要であるポール・ギルバートの脱退という形でついに表面化する。
  • しかし1999年には、ポール・ギルバートに代わりリッチー・コッツェンをギターに迎え、オリジナル5thアルバム『ゲット・オーヴァー・イット』をリリースし、再び日本では大きなセールスを挙げたが、2001年にリリースしたアルバム『アクチャル・サイズ』を最後にビリー・シーンも脱退しバンドは解散、活動は停止しその後はそれぞれソロ・プロジェクトなどで独自の活動をスタートさせた。
  • 解散からしばらく経ち、バンドのデビュー20周年にあたる2009年に、13年振りとなるオリジナル・メンバーでの再結成を発表しファンを歓喜させた。再結成後、初のライヴの地に選ばれたのはここ日本。全国9都市、日本武道館、横浜アリーナを含む10公演を即日ソールド・アウトさせ、日本各地で熱狂のライヴを繰り広げた。その後は怒濤のヨーロッパ・ツアー、インドやシンガポール、韓国まで制覇した東南アジア・ツアーを経てMR.BIGの完全復活を広く知らしめた。
  • 再結成ツアーの反響の大きさに手応えを感じた4人はミーティングを繰り返し、アルバムの制作を決断。ポールのスタジオにて曲作りを開始し、ケヴィン・シャーリーをプロデューサーに迎えレコーディング作業へ。そして遂に、14年振りとなるオリジナル・スタジオ・アルバム『ホワット・イフ…』が完成。奇跡のミュージシャン4人が産み出すケミストリーが圧倒的な迫力で迫る、超強力なロック作品として多くのファンに受け入れられた。翌2011年には、東日本大震災に見舞われ一部の会場が使用できなくなるなどのアクシデントはあったものの、北は北海道から南は九州までの全国縦断ツアーを行い、日本各地を再び熱狂の渦に巻き込んだ。
  • 2014年、ドラマーのパットがパーキンソン病の罹患、闘病中であることを公表し、世界に衝撃が走った。様々な憶測の流れる中完成させたアルバム『…ザ・ストーリーズ・ウィ・クッド・テル』を携え日本公演を敢行。代役のドラマーを立てつつ、パットもコーラスやヴォーカル、限定的ながらドラムでも参加しひときわ大きな歓声を浴びるなど、全国で感動のステージを繰り広げた。また同様の編成で世界ツアーを行い、バンドとしての結束力、存在感をあらためて知らしめた。
  • 2017年、バンドは最新アルバム『ディファイング・グラヴィティ』をリリースする(6月21日発売)。メンバーそれぞれの活動を経て再び結集して作られたアルバムは原点回帰ともいうべき快作で、多くのファンに歓喜を持って受け入れられるに違いない。リリースに先立ち、北米、欧州でのツアーを行い、今秋9月待望のジャパン・ツアーが決定。バンドとは特別な関係であるここ日本での素晴らしいパフォーマンスに期待しようではないか!
PAGE TOP