LORDS OF BLACK/ローズ・オブ・ブラック

スペシャル・ゲスト 若井望

BIOGRAPHY バイオグラフィー

  • リッチー・ブラックモアのロック回帰・レインボー復活は、2016年のロック界の最大の話題のひとつだった。ドイツとイギリスで行われたコンサートは大成功を収め、2017年にも再結成ライヴが行われることになったが、新生レインボーのフロントマンとして一躍、世界の注目を集めることになったのがシンガーのロニー・ロメロだ。
  • リッチーが「ロニー・ジェイムズ・ディオ+フレディ・マーキュリー」と形容するスーパー・ヴォーカリストのロニーはレインボーやディープ・パープルの名曲の数々を見事に歌い切ったが、その彼が自らの音楽スタイルを貫き、その才能のすべてを解き放つのがローズ・オブ・ブラックだ。
  • 2014年にスペインで、ロニーがトニー・ヘルナンド(ギター)と合体。さらにアンディC.(ドラムス)が加わって始動したローズ・オブ・ブラックは、急速に世界のヘヴィ・メタル戦線で台頭し、元ハロウィン〜現マスタープランのローランド・グラポウをプロデューサーに迎えて『ローズ・オブ・ブラック』(2014)『II』(2016)と2枚のアルバムを発表している。
  • そして2017年8月、彼らの初のヘッドライナー・ツアーが遂に実現する。パワフルでメロディアス、時にプログレッシヴであるメタル・サウンド。トニーの抒情的でテクニカルなギター・プレイ、ロニーのエモーショナルなシャウト。すべてが日本のステージで露わになるときが来たのだ。
  • ローズ・オブ・ブラックの2枚のアルバムからのナンバーに加え、ヨーロッパ・ツアーではレインボーの「キル・ザ・キング」やロニー・ジェイムズ・ディオ在籍期のブラック・サバスの「ネオンの騎士」などのカヴァーも披露された。日本でははたしてどんな曲がプレイされるか?期待が高まる。ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの伝統と未来を繋ぐステージは、永く語り継がれることになるだろう。
  • さらにスペシャル・ゲストとしてDESTINIAでロニーとタッグ組み世界のメタルシーンが注目するギタリスト、若井望が参戦を果たすことも決定。
  • 正統派ハード・ロック/ヘヴィ・メタルを未来へと継承する“クラシック・モダン”スタイルがローズ・オブ・ブラックと共振することで生まれる音空間を、我々はエクスペリエンスすることになる。
  • 風雲急を告げるハード・ロック/ヘヴィ・メタル・シーンに“暗黒卿=ローズ・オブ・ブラック”が楔を打ち込む瞬間(とき)が来た!
PAGE TOP