JACKSON BROWNE/ジャクソン・ブラウン

【来日予定メンバー】
ボブ・グラウブ(ベース)、グレッグ・リーズ(ペダル/ラップ・スティール&ギター)、マウリシオ・リワーク(ドラムス)、ヴァル・マッカラム(ギター)、アリシア・ミルズ(コーラス)、シャヴォンヌ・スチュワート(コーラス)、ジェフ・ヤング(キーボード)

BIOGRAPHY バイオグラフィー

  • 1972年にデビュー・アルバム『ジャクソン・ブラウン・ファースト』を発表し、高い評価を受けた。またこのアルバムよりシングル・カットされた「ドクター・マイ・アイズ」がトップ10ヒットとなった。1973年にはセカンド・アルバム『フォー・エヴリマン』を発表。イーグルスのグレン・フライと共作した超名曲「テイク・イット・イージー」が大反響を巻き起こした。その後も1974年に『レイト・フォー・ザ・スカイ』を発表。70年代前半のウエストコースト・ロックを代表する傑作で、ピアノやアコースティック・ギターを基本にした素朴なサウンドを聴かせ、シンガー・ソングライターというスタイルが確立された名盤となった。
  • 2004年にはロックの殿堂入りを果たし、2008年には『時の征者』を発表。このアルバムを携えての4年振りとなった日本公演は全てソールド・アウト!その後も更に精力的に活動を続け、2010年3月にはシェリル・クロウとともに来日し、米国を代表するシンガー・ソングライターの奇跡の競演を披露。
  • 2014年『スタンディング・イン・ザ・ブリーチ』をリリース。2015年3月には7年振りの単独来日公演が実現。バック・メンバーは長年彼のバンドに在籍しているヴァル・マッカラム(G), マウリシオ・リワーク(Ds),ジェフ・ヤング(key.) ,ボブ・グラウブ (B.)に加え、著名なマルチ奏者グレッグ・リーズ(G, lap steel, pedal steel)にコーラスのアリシア・ミルズとシャヴォンヌ・スチュワートが参加。ジャクソンが理想のバンドと語るメンバー達と、息のあったプレイを繰り広げた。
  • そして2017年、デビュー45周年となるこの年に、再び最高の仲間と共に来日公演が決定!このツアーについてジャクソンからメッセージが届いた。「これは私が最も好きなミュージシャンからなる理想のバンドだ。彼らの才能は私の新曲の土台であり、気持ちを表してくれる。ヴァル・マッカラムとグレッグ・リーズのやり取り、その無理のない化学反応は、私の膝元に天から降って来たギフトだ。共にツアー出来ることは本当に幸運だ。」
PAGE TOP