大阪ウドー音楽事務所

映画『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』

パンデミック下で行った無観客アコースティックライブの劇場公開が10月8日(金)より全国期間限定で決定!
  • SHARE >
  • 2021.09.06
    劇場公開決定!
劇場上映版

『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』

世界中を襲っている未曾有の疫病。このパンデミック下で、アーティストは何ができるのか。クラプトンが出した答え…「アーティストは演奏し続けることだ!」

2021年、エリック・クラプトンは同年5月に恒例のロイヤル・アルバート・ホールでのライブを予定していたが、世界中を襲っている(パンデミック)COVID-19の影響のためにキャンセルすることになってしまった。このロックダウンの状況下で、アーティストは何ができるのか考えたクラプトンは、「ミュージシャンは演奏を続けることだ」と思い、イギリスの田舎町に旧知のメンバーを集め、無観客でのアコースティックでのライブを行うことにした。
「僕がしたいのは、ロウソクの火を燃やし続けるように、演奏をしつづけることなんだ」― エリック・クラプトン

 

クラプトンのキャリアの中から選び抜かれたセットリスト、そして30年ぶりに収録されるアコースティックライブ。

メンバーはクラプトンの盟友ネイザン・イースト、スティーヴ・ガッド、そしてクリス・ステイントン。サウンド・プロデューサーには数々の歴史的名盤を手掛け、誰もが知るクラプトンの大ヒット作「アンプラグド」も手掛けた伝説のプロデューサー “ラス・タイトルマン“が担当。そしてバンドはリハーサルを行いながら、クラプトンの膨大なレパートリーの中から、エレクトリックとアコースティックの両サイドからの選曲を進めていき、最終的にクラプトン自身のルーツを探求するような選曲となった。また演奏自体にもこだわりを見せ、通常のライブでは表現し辛いが、無観客のクローズドだからできる繊細な演奏を心掛け、メンバーがとても楽しそうにプレイをしているのを感じることができる。ロイヤル・アルバート・ホールでのライブと続くツアーは中止になってしまったが、そのおかげで、この特別なライブを我々は体験することができることとなったのだ。

尚、今回公開される劇場上映版には、後日発売されるDVD/BDとは一部別編集、さらに劇場上映版のみで観ることができるオフ・ショット、インタビュー等の15分以上の別映像が収録されている。

 

【劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』曲リスト】
  • Driftin’ Blues
  • Nobody Knows You When You're Down And Out
  • Golden Ring
  • Black Magic Woman
  • Man of the World
  • For Kerry
  • River of Tears
  • Rock Me Baby
  • Believe in Life
  • Going Down Slow
  • Layla
  • Tears in Heaven
  • Bad Boy
  • Got My Mojo Working
■映画情報

原題:LOCKDOWN SESSIONS
監督:デヴィッド・バーナード
出演:エリック・クラプトン、スティーヴ・ガッド、ネイザン・イースト、
   クリス・ステイントン、ラス・タイトルマン、他
配給:Eastworld Entertainment / カルチャヴィル
89分/カラー/イギリス/2021年
©2021 Bushbranch Productions Ltd All Rights Reserved

オフィシャルHP:https://www.universal-music.co.jp/ericclapton-lockdownsessions/
劇場リストHP:https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=claptonlockdown(随時更新中)


10月8日(金)より新宿ピカデリー他全国期間限定公開

※10月8日(金)、9日(土)2日間のみの上映館あり。劇場によって上映期間が異なりますので、詳しくは“劇場リストHP”でご確認ください。
※特別料金¥2,200(税込)ドルビー・アトモス上映は追加料金がかかる場合があります。


写真:©Dave Tree

PAGE TOP