PAUL GILBERT/ポール・ギルバート

BEHOLD ELECTRIC GUITAR TOUR

BIOGRAPHY バイオグラフィー

  • 1966年、アメリカ・イリノイ州生まれ。3歳の時にペンシルヴァニア州へ移りその地で育つ。両親の影響でビートルズ、ジミ・ヘンドリックスなどを聴き始め、その後レッド・ツェッペリンやキッスといったハードロックに傾倒していく。
  • ハイスクール卒業後はLAのGITに在籍し講師も務める。1986年、レーサーXでデビュー。当時のギターヒーロー礼賛ブームの中ダントツの注目を集める。1988年、バンドを脱退しエリック・マーティン、ビリー・シーン、パット・トーピーとMR.BIGを結成し大成功をおさめる。特に日本での人気は今でも絶大である。1996年、MR.BIGは活動休止しポールはソロ活動を始動させる。その後ポールはバンドを脱退、翌年『キング・オブ・クラブス』でソロ・デビュー。他を圧倒するギター・テクニックと高度なミュージシャン・シップに裏打ちされたキャッチーなハード・ロック・サウンド、そしてその明るいキャラクターで一躍人気者となりソロ・アーティストとして不動の地位を築く。
  • その後コンスタントなアルバム・リリースを続け、来日公演もその都度実現し、根強いファンとの絆を深めている。MR.BIGデビュー20周年にあたる2009年にはオリジナル・メンバーでのバンド再結成を発表。驚きをもって迎えられたバンド再始動の地はここ日本が選ばれ、日本武道館、横浜アリーナを含む10公演がソールドアウト。2010年末、復活アルバム『ホワット・イフ...』をリリースし翌年4月の来日公演が発表される。しかし、3月11日、東日本大震災が発生。多くのアーティストが来日を取りやめる中、震災直後の4月であるにも関わらず彼らはツアーを決行。チャリティ・ソングの発表(売上を全額寄付)や被災地にほど近い盛岡公演を実現させるなど日本のファンとの絆をより強力なものとした。
  • 2012年『ヴィブラート』、2014年『幸福なるシジフォス〜ストーン・プッシング・アップヒル・マン』、2015年『ブッこわせるぜ』と精力的にソロ・アルバムを制作。今年6月には最新アルバム『ビホールド・エレクトリック・ギター』をリリース。ポール・ギルバートの作品の中でも最も表現力に満ちた実に見事なギター・プレイがぎっしりと詰まっている。そんな話題の新作を携え、12月に来日公演が決定!レーサーX、MR. BIG、そしてソロ・アーティストというキャリアを通して、その超絶テクニックと表現力に満ちたギター・ワークで世界中を魅了し続ける、ロック・ギターのイノベイターにして他を圧倒するNo.1ギタリストによる最強のステージをお見逃しなく!
PAGE TOP