UDO 音楽事務所

【振替】中井智彦コンサート 「I Live Musical! 5」

BIOGRAPHY バイオグラフィー

◆出演者

■中井 智彦 (なかいともひこ) 表現者・シンガー・俳優

東京芸術大学卒。卒業時に同声会賞を受賞。2007年ミュージカル「レ・ミゼラブル」でデビュー。艶のあるバリトンボイスを持ち味に、圧倒的な表現力と歌唱力で、ミュージカルやライブを中心に活動中。
2010年から5年間、劇団四季に所属。「美女と野獣」(野獣役)と「オペラ座の怪人(ラウル役)はそれぞれ約500ステージをつとめる。
劇団四季退団後、自ら企画・構成・演出・作曲を手がける独り舞台「詩人・中原中也の世界」を発表。ミュージカル・舞台に加え、制作・コンサート活動も精力的に行う。サラブライトマン日本ツアーにバックコーラスとして出演。2019年ミュージカル「レ・ミゼラブル」全国ツアー公演にコンブフェール役で出演。2020年1月「CHESS THE MUSICAL」にヴィーガンド役で出演。同年2020年には話題作「ビリー・エリオット-リトル・ダンサー-」にビリーの兄、トニー役で出演する。

【主な舞台】「レ・ミゼラブル」(レーグル/司教役,コンブフェール役)「ファントム」(バリトン歌手/妖精王オーベロン役)「ルドルフ」「キャンディード」(モンテヴィデオ総督/ロシア皇帝イワン役)「オペラ座の怪人」(ラウル役)「アスペクツオブラブ」(アレックス役)「美女と野獣」(野獣役)「バイオハザード」「オンディーヌ」(マトー役)「魔女の宅急便」(オキノ役)「ひめゆり」(檜山上等兵役)「カラフル」(小林滿役)「A CLASS ACT」(レーマン役)「ナイツテイル」(ピリソス役)

【リリース】1stCD「私の歌を聴いてくれ」CD&BOOK「詩人・中原中也の世界」ライブCD「愛せぬならば」「ひそかな夢」「見果てぬ夢」「魅惑の宵」

【レギュラー】
ラジオ:J-WAVE(81.3FM)「STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL 」毎週金曜 22:30~23:00
雑誌:演劇・舞台情報フリーペーパー「ステージぴあ」コラム「ミュージカルのススメ!」

中井智彦オフィシャルウェブサイト:https://www.nakaitomohiko.jp



■長濱 司 (ながはまつかさ/ピアノ)

1994年 北海道生まれ。4歳より電子オルガン、9歳よりピアノを始め、その後様々な音楽と触れ合う。
2012年、国立音楽大学音楽学部演奏学科ジャズ専修(ピアノ)2期生として入学。大学在学中ポップスやオーケストラの作編曲にも興味を持ちはじめ、演奏も作編曲もできる音楽家になることを目指すようになる。
2016年に大学を卒業後、現在は、J-POPを中心に様々なジャンルの楽曲制作をメインとして、ライブのピアノサポートやミュージカルの稽古・本番ピアノ演奏などの活動も行なっている。
https://www.tsukasanagahama.com



■成尾 憲治 (Gt)

5歳の頃ギターを始める。
高校時代より是方博邦氏に師事し、東京音楽大学に入学。野呂一生氏に師事。
卒業後はギタリストとしての活動を開始。
東京ヴェルディ選手入場曲のレコーディング参加を皮切りに、今陽子、森口博子、上野優華、水瀬いのり、SEAMO、SUPER☆GiRLS、MonsterZ Mateなど数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加。
TVCM、ドラマ、映画音楽のレコーディングやミュージカル作品(「キューティブロンド 」/東宝 「朗読劇 ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 /東宝 「Before After」/ミュージカル座 Tip tap諸作品など)にも多数参加している。
近年は作編曲家としても活動している。



■田中 啓介 (Bs)

大学在学時よりベーシストとしてプロ活動開始。
ビッグバンドジャズ、ゴスペル、ソウル、ファンクといったジャンルを超えた様々な音楽を演奏する。

S.a.b.l.i.t、モダーン今夜、Jimanica Band Setといったバンドに所属するかたわら、CICADA、lamp、JUJU、月影瞳、DISH//など数々のミュージシャンのライブやレコーディングをサポート。

また作曲家・トラックメーカーとして、湯澤かよこの楽曲やダンサー沼田志歩の音源、森美術館のレアンドロエルリッヒのCM音源、横浜トリエンナーレの記録映像の音源の制作、2019年公開のミュージカル映画「とってもゴースト」(監督:角川裕明)では音楽監督として前編音楽を担当。

美術・映像・音楽、様々なジャンルを横断するそのスタンスと技術の高さは、あらゆる分野アーティストから信頼を得ている。 http://www.studio-olga.com/



■村上 和駿 (Ds) Murakami Kazutosi

神奈川県出身。国立音楽大学ジャズ専修を卒業。在学中に神保彰氏、高橋徹氏にドラムを、小曽根真氏にジャズアンサンブルを師事。卒業後クラシック打楽器コースに入学し、打楽器を福田隆氏、塚越慎子氏に師事。在学中に、豪華客船「飛鳥II」の音楽クルーズ企画「Jazz on ASUKA II」に出演。大学主催Dave Wecklマスタークラスを受講。6代目濃い味バンドメンバー。
現在まで、自身の呼びかけによるライブを多数行う。同世代ピアニスト武本和大との双頭リーダーライブのほか、Eranos jazz quartet、cosmic lines等、自らの世代なりの音楽の形を楽しんでいる。共演者に池田篤、荒武裕一朗、Staford hunter。
吹奏楽やオーケストラでの演奏も行っている。2017年にラ・フォル・ジュルネ新潟公演にて、シンフォニア・ヴァルソビアによるウェストサイドストーリーのステージに参加。クラシックの打楽器奏者としての演奏も行なっている。



PAGE TOP