SANTANA/サンタナ

【来日予定メンバー】
▪︎カルロス・サンタナ(G) ▪︎シンディ・ブラックマン・サンタナ(Ds) ▪︎ベニー・リートヴェルド(B)▪︎カール・ペラーソ(Timbales)▪︎アンディー・バーガス(Vo) ▪︎トミー・アンソニー(G) ▪︎デイヴ・マシューズ(Key) ▪︎パオリ・ メヒアス(Congas)▪︎レイ・グリーン(Vo)

NEWS 最新情報

  • SANTANA 大盛況で終えた名古屋公演をレポート!
    2017.04.27

    豊富なレパートリーと圧倒的技量による自在な即興性!これぞサンタナ・ライヴの醍醐味!

    • 盛岡、大阪、名古屋と早くもジャパン・ツアー3公演を終えたサンタナ。残すは最終日、本日の日本武道館公演のみとなった。一昨日の名古屋ではセットリストもバンド・アンサンブルも最高と言いたくなる好演で、その前日の大阪では残念ながら演奏されなかった「哀愁のヨーロッパ」、「君に捧げるサンバ」を惜しげもなく披露!また、先週ついに世界初となる「完全版」が発売され、ふたたび大きな反響を呼んでいる『ロータスの伝説』の終盤のハイライト曲「祭典」をいきなり3曲目に、「ネシャブールの出来事」を7曲目に演奏するなど、序盤からオーディエンスの興奮を最高潮に持っていく大胆な構成に変えていた。しかも「ネシャブールの出来事」では、まさに『ロータスの伝説』ヴァージョンを彷彿させる「フール・オン・ザ・ヒル」(ビートルズ)や「マイ・フェイヴァリット・シングス」(コルトレーンで有名なジャズ・スタンダード)をインタープレイ的に挿入するなど、往年のファンを大いに喜ばせるアレンジを再現するサービスぶり。
    • お馴染みの「イ―ヴル・ウェイズ」では「上を向いて歩こう」(大阪では「さくらさくら」)を弾くなど、カルロスが昔から特別な思いを抱き続ける“日本”を大いに意識したスペシャル・メニューを毎夜展開してくれているのだ。今回のツアーで必ずやる「オリノコ・フロウ」(エンヤ)などの意表を突くカヴァー・メドレーをサンタナ流に自在にアレンジする懐の広さを見せながら、本編終盤では怒涛のサンタナ・クラシックス「ブラック・マジック・ウーマン」、「ジプシー・クイーン」、「僕のリズムを聞いとくれ」で全世代のファンを見事に完全一体化へと持っていった。
    • まさに百戦練磨のバンドならではの巧みな盛り上げ方とその尋常じゃないレパートリーの豊富さはサンタナの真骨頂だろう。カルロス・サンタナの唯一無二のギター・トーンと圧倒的なリズムを繰り出す素晴らしいバンド・アンサンブルに酔いしれながら本編が終了。アンコールでは、サンタナを一躍世界に知らしめたあの69年ウッドストック・ライヴ映像をスクリーンに映しながらの「ソウル・サクリファイス」でスタート。パーカッション3人によるソロ・パート含め(シンディ・ブラックマン・サンタナの見応え満点のドラム・ソロは必見!)、メンバーの顔触れは違えど48年前とまったく変わることのないパッションとスタイルで“サンタナ・バンド”は演奏し続けてきたことを再認識させてくれるようなシーンだ。
    • 続いて放ったのは00年グラミー賞で一挙9冠を獲得するきっかけとなったメガ・ヒット曲「スムーズ」。今度はウッドストックを知らない若い世代を虜にすることに成功した曲、デビュー30年の時点で離れ業をやってのけたサンタナを象徴するナンバーだ。スタジオ・ヴァージョンよりもリズミカルなライヴ・アレンジでいっそう会場はラテン・ダンス・パーティー状態と化し、そして最後に、カルロス・サンタナが常に発し続けているメッセージ「ラヴ・ピース・アンド・ハピネス」をそのまま歌に託した形でチェンバース・ブラザーズの同名カヴァーで幕は閉じた。
    • 日本愛と世界平和への想いを込めて奏でるサンタナ・ライヴは、誰もが瞬時に身体を揺らし、笑顔で溢れるような楽しい空気が充満しながらも、カルロス・サンタナからの人種や国境を越える普遍のメッセージ=“光”をオーディエンスそれぞれが思い思いにキャッチして帰っていく…何か大切なことを改めて思い出させてくれるような、そんな余韻を残してくれるライヴでもあるのだ。

    中西優一(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

  • SANTANA ジャパンツアーが遂にスタート。初日盛岡公演を速報レポート!
    2017.04.24

    肌寒い桜の夜、ここは真夏のパーティー会場と化した——!
    常に変化し続けるサンタナの素晴らしさ

    • サンタナ、約4年振りとなる来日公演の初日。ここ、岩手県盛岡市においては初めての公演となる。会場に集まって来る人をみていると、こんなにいたかと思うほど、間違いなく長年の洋楽ファンの方々が圧倒的多数を占めている。女性も結構多く、ちらほら親子組らしき人達もいる。皆が公演を心待ちにしていた雰囲気がじわじわと伝わってくる。
    • 開演時刻を10分ほど回り、BGMで流れていたドアーズの「ハートに火をつけて」が終わって・・・ついにステージがスタートした。シンディ・ブラックマン・サンタナの打ち出す熱いリズムが会場に響きわたり、続いてアンディ・バーガスとレイ・グリーンのヴォーカル2人がステージに登場するやいなや、観客をあおり始める。すると・・・余りにもノリが良い、ラテンのリズムと雰囲気に一気に包まれた観客は、なんと、コンサートが始まって30秒も経たないうちに総立ちになる!普段はおとなしい岩手の人間のどこにこんなパワーがあるのか、と驚くほどだった。ラテンなビートと音楽に満たされた会場はさらにヒートアップするばかり。外はまだまだ花冷えの盛岡なのに、会場はまるで真夏のビーチかどこかのパーティーのように盛り上がっていく。そこは居ても立っても居られない、というような嬉しさ満杯の感覚に包まれているようで、観客全員がとても幸せそうな表情をしていて、思わずこちらも嬉しくなってくるのだった。
    • 今回のツアーは、カルロス・サンタナの他に以下の8人。サンタナの奥様・シンディ・ブラックマン・サンタナ(Ds)、ベニー・リートヴェルド(B)、カール・ペラーソ(Per)、アンディ・バーガス(Vo)、トミー・アンソニー(G/Vo)、デイヴ・マシューズ(Key)、パオリ・ メヒアス(Per)、レイ・グリーン(Vo)。
    • バック・スクリーンには演奏曲にちなんだ映像が映し出される。世界各国の仏像や遺跡、またアフリカの人々のダンス、リズム等々・・それはサンタナからのメッセージでもあるようで、サンタナの音楽世界がぐっと身近に感じられる気がする。また、同時にステージ上のパフォーマンスのみならず、観客の映像も流れる。アンコールでは懐かしいあのウッドストックの映像が流れた。現在のサンタナ自身の映像とクロスするのも面白い。
    • そもそもライヴの魅力は、ナマ音の洪水に身をゆだねることで、周りとの一体感を感じられる事などもあると思うのだが、純粋に当たり前だったことを改めて感じさせられた、素晴らしいライヴだった。サンタナ・バンドのメンバーはそれぞれが個性的なプロフェッショナルであり、彼らの演奏はぐいぐいと私達をその世界に引き込み、観客は全員、いつの間にかサンタナ・ワールドの虜になっていたといっても過言ではない。サンタナが世界的ヒットメーカーであることを再認識したのだが、あらかじめ知っている曲があるかどうかなどは関係ない。それを聴く人が誰でも間違いなく120%感動を覚えるライヴである、と断言できる内容なのだ。約2時間10分に及ぶ充実のライヴだった。ほとんどの観客は、一度も腰かけることなく、リズムに合わせて体を揺らし続けていた。
    • 演奏曲(一部)
      マリア・マリア
      ブラック・マジック・ウーマン
      僕のリズムを聞いとくれ
      スムーズ
      哀愁のヨーロッパ
    • 御年70歳になるサンタナのパワーには圧倒されるばかり。デビューから半世紀も変わらない音楽に対する情熱・スピリットがあるからこそ、サンタナの音楽は常に変化し続けているのだと感じる。「衰えを知らない」などという表現は全くあてはまらず、それどころか、若々しくすら感じる。本当に今日のライヴを体験出来て良かったと思う。これを逃していたら、100年たっても悔やまれる。サンタナの妥協しないスゴさにカンパイ!また盛岡で演奏してほしいし、ぜひサンタナのライヴを未体験の人にこそ勧めたいライヴだ。

    岩盛 真澄

CONCERT INFO/公演情報

PAGE TOP