Anderson, Rabin & Wakeman/アンダーソン,ラビン&ウェイクマン

【来日予定メンバー】
▪︎ジョン・アンダーソン(Vo) ▪︎トレヴァー・ラビン(G) ▪︎リック・ウェイクマン(Key) ▪︎ルイ・モリノIII(Ds) ▪イアン・ホーナル(B)※当初予定されていたリー・ポメロイから変更

NEWS 最新情報

  • Anderson, Rabin & Wakeman 最新のライブレポートと写真が到着!
    2017.02.20

    昨年10月の全米ツアーからバンド活動が始動したアンダーソン,ラビン&ウェイクマン。
    そのツアーの最終日、サンフランシスコ公演のライブ・レポートがFM COCOLOのプロデューサー古賀正恭氏から届きました。
    3月からヨーロッパ・ツアーが始まり、そして4月には待望の来日公演となります!
    ※掲載されているライブ写真は全てロサンゼルス公演となります

    2016年12月4日、何の予定も立てずに立ち寄ったサンフランシスコで偶然にもAnderson, Rabin and Wakemanの全米ツアー最終日を見ることができた。当初11月25日に予定されていたスケジュールがリスケされこの日となったものだとか。2006年あたりからすでにJon Anderson と Rick WakemanのふたりでアコースティックのLIVEをはじめたとは聞いていたが、まさかTrevor Rabinが参加し、しかもリズムセクションも参加して本格的なYESワールドの再演を繰り広げたのにはビックリした。

    ステージの上は意外にシンプル。ステージ前には下手(舞台左手)には小さいアンプを横に据えたギターのTrevor Rabin、センターには小さくお立ち台を置いてボーカルのJon Anderson、しかし上手(舞台右手)には相変わらずキーボードを10台ほど並べたRick Wakemanのスペースが大きく取られている。ステージ後方には大人しくドラムとベースが置かれている。このツアーのオープニングナンバーは「Cinema」。60年代後半に活動をスタートさせたYESはメンバーの出入りも激しく、特に1980年からの数年は実質解散状態だったのだが、その時、ベースのChris SquireとドラムのAlan Whiteがアメリカで活動していたギタリストでかつマルチプレイヤー、唄も歌えて作曲もできるTrevor Rabinを加えて作ろうとしたのが「シネマ」というバンドであり、そのバンド用に作られたのがこの「Cinema」という曲だ。つまりJon Anderson と Rick Wakemanは今回、Trevor Rabinの参加に大変敬意を払っている、ということなのだろう。もっとも、この「シネマ」というバンドの構想が結局1983年のYES再結成、そして大ヒットとなった「Owner Of A Lonely Heart」を含んだエポックメイキングなアルバム『90125(ロンリーハート)』を生んでいるのではあるが。よってこの3人のLIVEはTrevor Rabin寄りのポップなYES、ということになるのか、と思っていると、2曲目からはいきなり3枚目のアルバム『The Yes Album』から「Perpetual Change」、そして再び『90125(ロンリーハート)』から「Hold On」、そして『The Yes Album』からの「I've Seen All Good People」と大ネタとポップサイドをバランスよくちりばめている。それぞれの曲でJon Andersonの声は申し分ないほど伸びやかであり、やはりYESワールドにこの高音は必要不可欠だ。そしてマント姿は昔と同じだが、過去のアナログキーボードとはあきらかに違うRick Wakemanのサウンドは、丁寧な指弾きを多様したフレーズを中心とした彼独特のものであり、過去をなぞるのではなく、今の時代のRick Wakemanならでは、だ。またTrevor Rabinのギターはスタジオワークを多く経験しているせいか、必要以上にでしゃばらない、サウンドに溶け込んで全体を引き立てるタイプのもので好感がもてる。

    そしてここでちょっと時間を取ってのドラムソロ。ドラマーはTrevor Rabin、そしてTony Kaye,Billy Sherwood,らとの仕事をこなしていたアメリカ人のLouis Molino III。さすがにこのメンバーに抜擢されるだけあって、テクニックは抜群。従来のYESのメンバーの中では一番柔軟な姿勢のドラマーだ。そしてベーシストはTake ThatやIt Bites、そしてRick Wakemanのバンドマン、Lee Pomeroy。派手さはないが、しっかりとバックを固めている。ドラムソロを受けてのナンバーはあの8人メンバーで再結成された1991年のアルバム『Union』からの曲「Lift Me Up」。Trevor Rabinの曲だ。このようにポップな曲とディープな曲を交互に展開しながらも徐々に深くYESワールドに浸されていく。『危機(Close to the Edge)』からの「And You and I」や『こわれもの(Fragile)』の「Heart of the Sunrise」、や「Long Distance Runaround」、「The Fish (Schindleria Praematurus)」、そして1977年のアルバム『究極(Going for the One)』からの曲「Awaken」でピークに。複雑でありながらドラマチックな構成、そして後半のハープを弾きながらJon Andersonがしっとりと歌い上げる、これぞYES、という1曲だ。そして本編最後にはお約束の「Owner of a Lonely Heart」。意外だったのはギターのTrevorとショルダーキーボードを持ったRickのふたりがお茶目にも客席に降りていって練り歩いたり、ステージではJonとベースのLeeがアイドルのように振り付けをしながら踊っている、という軽いノリを見せていたこと。こんなアッパーな姿も今のツアーが順調だったことを象徴しているのだろう。アンコールにはまさかこのメンバーでも演奏するとは思っていなかった「Roundabout」。さすがにこのときばかりはSteve Howeにいてほしかった、と思ったが、全体にはこれだけ深いYESワールドを見せ付けられて大満足。4月の日本公演ではさらに深化したYESワールドを期待できるのではないだろうか。

    古賀正恭(FM COCOLO プロデューサー)

  • Anderson, Rabin & Wakeman ロック・キーボーディスト難波弘之さんの寄稿を掲載!
    2017.02.06

    SENSE OF WONDER を率いるロック・キーボーディストで、東京音楽大学教授の難波弘之さんの寄稿を掲載致します。

    難波さんの公式HPはこちら http://nambahiroyuki.com/

    誤解される方がいると困りますので、あらかじめよ〜くお断りしておきますが、この文章はイエスに大きな愛情と敬意を表しながら書いておりますので、炎上しないでね!

    世に長く続いたロック・バンドはあれど、コンスタントに活動しているのはストーンズだけですかねえ? プログレ勢では、途中活動休止や解散はあれど、イエスは、クリムゾンと並んで頑張っている方だと思います。

    それにしても、離合集散が激しい(笑)!

    仲が良いんだか悪いんだか、金のためなんだか契約のためなんだか、傍から見ているとよくわかりませんが、でも、ここに集まっては散り、散っては集まる面子をよ〜く見ていると、やはりどうやら全員イエスの音楽を愛しているようです。

    でも、本音を言うと、本家イエスからジョンの歌声が消え、クリスまで亡くなってしまい、最早あのバンドをイエスとは認識したくない(笑)、というのが、僕の正直な感想です。

    そんな中、どうした風の吹き回しか、何とジョンとリックとトレヴァー・ラビンが新しいバンドを組み、かつてのナンバーを始め、新曲も作っているとの情報も入って来ました。イエスのサウンドの要は、実は“ジョンとクリスのハモりと、クリスのベースにある”と思っているので、果たしてイエス・ミュージックになっているのかどうかが心配だったのですが、ネット上で最近のコンサートの模様をいくつか見た限りでは、それはどうやら杞憂に過ぎなかったようで、ほっとしています。ジョンも相変わらずの美声で、ところどころ声がひっくり返るところはありますが、KEYも変わっていないようです。

    驚くのは、'91年の『結晶』から、「リフト・ミー・アップ」を演っていることです。アメリカではシングル・カットされましたが、日本ではあまりお馴染みではないので、果たして日本公演のセット・リストに入るかどうか、興味深いところです。リックのセットは、相変わらずお気に入りの日本製最新型シンセばかりですが、70年代のように2台のミニ・モーグとメロトロンがセットされており、それがオールド・ファンには嬉しいところでしょう。ちゃんとマントも着てますよ(笑)! リッケンバッカーのベースをゴリゴリ弾きながらコーラスもこなすリー・ポメロイの演奏からは、クリスへの敬愛が感じられます。

    よく、トニー・ケイとリック・ウェイクマンを比べたり、スティーヴ・ハウとトレヴァー・ラビンを比べたりするファンがいますが、それはあまり意味がないと思います。特に、アコースティック・ギターやマンドリンも好んで弾くスティーヴと、「ラウンドアバウト」のイントロもエレクトリック・ギターで弾いてしまうトレヴァーとでは、スタイルが全く違う、という印象を受けます。「ロンリー・ハート」から加入し、エフェクターも駆使するソリッドなトレヴァーのギターは、当時は「若いなあ!」と思ったものですが、もういいおっさんになっていたので、歳月の流れを感じました。

    とにかく、来日公演が楽しみです!

    難波弘之

  • Anderson, Rabin & Wakeman 音楽評論家・市川哲史さんによる特別寄稿を掲載!
    2017.01.10

    プログレなどの洋楽からヴィジュアル系、そしてジャニーズまで幅広いジャンルで執筆活動を行う音楽評論家・市川哲史さんのアンダーソン,ラビン&ウェイクマン特別寄稿を掲載致します。最新刊『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』(シンコーミュージック) 絶賛発売中!

    ビリー・シャーウッドの見事な<クリス・スクワイア再び>的活躍もあり、2016年11月の<スティーヴ・ハウ+アラン・ホワイト+ジェフ・ダウンズ+ジョン・デイヴィソン+シャーウッド>イエス来日公演は、結成48年目とは思えない<熟成された新鮮さ>が面白かった。もちろんバグルスと合体した《ニューウェイヴ・イエス時代》唯一の作品で、クールでモダン・ポップなイエス・ミュージック(!)が素敵な<実は名盤>『ドラマ』の楽曲群が、36年ぶりにまとめてライヴで披露されたのも嬉しい出来事だった。

    しかし、そのツアー初日に我々は、ARW(アンダーソン,ラビン&ウェイクマン)まで半年後の17年4月に来日してしまうことを報されたのである。しかもそのタイトルは《AN EVENING OF YES MUSIC & MORE》――ん、これはデジャヴなのか?

    かつて80年代末期、イエスが同時に二つ存在した《南北朝イエス時代》があった。シングル“ロンリー・ハート”をメガヒットさせたパワーポップ・バンドとして一世風靡した通称<90125グループ>イエスと、プログレッシヴ・ロックを代表する名盤『こわれもの』『危機』を連発した黄金時代とほぼ同じラインナップながら<契約上イエスを名乗れない>ABWH(アンダーソン・ブラフォード・ウェイクマン&ハウ)、だ。

    そういえばあのときもジョン・アンダーソンは、ABWHのツアー・タイトルを《AN EVENING OF YES MUSIC(イエス・ミュージックの夕べ)》と題して、強烈な意趣返しを果たしたんだった。ARWとABWH、《アンド・モア》が追加されただけのツアー名、とはまるでコピペのような話だろう。

    08年のイエス40周年記念ツアーを病欠で欠席したアンダーソンは、その後健康を回復してバンド復帰を試みたものの、積年の自己中毒ぶりが災いしたのか拒否られ続け、ヴァイオリニストのジャン=リュック・ポンティと結成したバンドの成功もあって、さすがに諦めたかと思っていた。ところがどっこいジョン・アンダーソンの<素晴らしきイエス・ミュージック愛>は、やはり永遠不滅だったようである。

    今回アンダーソンとARWを組んだ歴戦のイエスOBは、トレヴァー・ラビンとリック・ウェイクマンの二人。言うまでもなくラビンは『ロンリー・ハート』でイエスを蘇生させ、ウェイクマンは<一人オーケストラ>鍵盤でイエスの黄金時代を構築した、共に立役者だったりする。しかも前回の南北朝時代には南朝と北朝に分かれて敵対(苦笑)していたはずの両者が、<8人イエス>というお祭りツアーで同じステージに立った過去を積極的に除けば、初めて本格的に組むのだからスペシャルな出来事ではないか。

    16年10月からの2ヶ月間で北米ツアー全36公演を終えたARWは、翌17年3月の全英ツアー10公演とイスラエル(!)・ベルギー・オランダの3公演を経た4月に、いよいよ来日する。どんなイエス・ミュージックを観せてくれるのだろう。

    北米ツアーの音源を聴いたのだけど、想像以上に多岐にわたるセットリストにまず驚いた。ラビン主導の『ロンリー・ハート』『ビッグ・ジェネレイター』収録曲が多いのは予想通りとして、8人イエスの『結晶』のみならずABWH『閃光』の楽曲まで披露されてたのだから、意表を突かれる。もちろんラビン在籍以前のイエス・クラシックスもふんだんに聴けるが、“燃える朝焼け”“同志”“ラウンドアバウト”“パーペチュアル・チェンジ”“アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル”と、先行来日したイエスと実は5曲重なっていたりする。微笑ましい偶然というか、イエス・ミュージックに対する確信と価値観は共通なだけに、解釈の違いがより鮮明になって面白い。<同じ穴のイエス>だからこそ、ARWは我儘なクリエイティヴィティーなのだ。

    にしても(三人に較べれば)若手のリズム隊の貢献もあるが、黄金時代の楽曲はラヴィンの参加によってシャープに、80年代の楽曲はウェイクマンによってカラフルに衣替えしている印象を受ける。ARWは<スマートなイエス>である。

    わざわざ《アンド・モア》と謳ってるのだから、来日公演ではARW名義の楽曲も遂に披露されるかもしれない。そのとき初めて、この新バンドの全貌が見えるのだろう。

    そして16年秋にイエスを目撃したひとなら、ARWという<もう一つのイエス>を今回併せて目撃することで、稀代のプログレ・バンドをより深読みできるはずだ。ARWで初めてイエス・ミュージックに触れるひとたちが<新しいモダーン・ロック>として堪能できることも、もちろん保証する。

    ただし1年後にARWとイエスが掟破りの合体劇を果たしたとしても、私は驚かないけれど。

    市川哲史

  • Anderson, Rabin & Wakeman 音楽評論家・片山伸氏による特別寄稿が到着!
    2016.12.05

    アンダーソン,ラビン&ウェイクマン来日公演に寄せて

    「またリックやトレヴァーと一緒に演奏し、歌うことができるなんて、言葉にできないほど素晴らしいことだよ!」(ジョン・アンダーソン)

    イエスのファウンダー(創設者)として「ラウンドアバウト」や「危機(Close To The Edge )」など数多くの名曲を生み出したジョン・アンダーソン(Vo)、「ロンリー・ハート」を全米No.1に導いた立役者トレヴァー・ラビン(G)、70年代のプログレ黄金期を支えたキーボードの魔術師リック・ウェイクマン(Key)。まさに“イエスの核”を成す3人で結成されたバンド、それがアンダーソン,ラビン&ウェイクマン(ARW)だ。

    ヴォイス・オブ・イエス(あるいはハート・オブ・イエス)ことジョン・アンダーソンは、天に昇るようなハイトーンのファルセット・ヴォイスが魅力で、イエスの名曲の数々のほとんどの作詞を担当し、その世界観は抽象的かつ難解であることがプログレとしてのトレードマークとなっていた。自分で作り上げたバンドであるにも関わらず、1980年と1988年、さらに2008年の3度にわたりイエスを脱退している。ソロとしての活動以外に、ヴァンゲリスや喜多郎、近年はジャン=リュック・ポンティとコラボするなど、その自由奔放な音楽性が彼のウリでもある。

    南アフリカ出身のトレヴァー・ラビンは、1981年に一時期解体していたイエスのクリス・スクワイア&アラン・ホワイトと合流してシネマという新バンドを結成したものの、後にジョン・アンダーソンがヴォーカリストとして加わり、結果的にそれがイエスの復活劇になったという経緯がある。その新生イエスは1983年にシングル「ロンリー・ハート」で全米No.1を獲得し、一躍その名を世界中に轟かせたのだった。

    191cmの長身であるリック・ウェイクマンは、学生時代からセッション・キーボーディストとして活躍していたスーパースターであり、イエスに加入したその日のうちに名曲「ラウンドアバウト」を完成させたという逸話を残している。イエスには5度参加し5度脱退しているという、数奇な記録保持者でもある。現在までに公式ソロ・アルバムを100枚以上リリースしている、見た目どおりのキーボード・モンスターだ。

    ARWを支えるリズム・セクションには、彼らと馴染みの深い2人が選ばれた。ベースのリー・ポメロイは、2000年代以降、リックのレコーディングやツアーでベースを担当してきており、近年は復活したイット・バイツやスティーヴ・ハケット・バンドにも参加。リックをして「クリス・スクワイア、ジョン・エントウィッスルと並ぶ3大ベーシストのひとり」と言わしめた強者だ。ドラムのルイ・モリノIIIは、80年代に彗星のごとく登場したポップ・バンド、コック・ロビンのオリジナル・メンバーで、1985年にトレヴァー・ラビンのソロ作『キャント・ルック・アウェイ』に参加して以降、彼の多くのサウンドトラック作品に参加している他、ビリー・シャーウッドやトニー・ケイによるYosoでもその手腕を聴かせている凄腕のミュージシャンである。このように、2人はすでにARWの一員となるべく活躍をしてきており、サポート・ミュージシャンの立場を超えて、ひとつのバンド・サウンドを確立させるために一役買っていると言える。

    こうして結成されたARWは、2016年10月4日のフロリダ公演を皮切りに、早くもツアーを開始した。現状では全曲イエス・クラシックスでセット・リストが組まれているが、本家イエスのレパートリーと異なるのは、トレヴァー在籍時代の名曲が多数組み込まれていること。イエス最大のヒット曲である「ロンリー・ハート」はもちろん、「リズム・オブ・ラヴ」や「変革(Changes)」、「ホールド・オン」、「リフト・ミー・アップ」など、イエス本体のセット・リストにも長い間組み込まれていなかった曲が並ぶ。80年代のイエスは産業ロックのカテゴリーへと追いやられたこともあったが、今回のARWではリックが加わることによって黄金期イエスが持っていた、華やかで色彩感あふれるシンフォニック・サウンドへと進化していることがポイントだ。イエスが決して70年代だけに生きたオールドタイム・バンドでないことを証明してくれるだろう。

    さらに定番のイエス・クラシックスである「燃える朝焼け(Heart of the Sunrise)」や「同志(And You and I)」、「遥かなる想い出(Long Distance Runaround)」の他、オリジネイターのジョン・アンダーソンでなければ再現不可能な大作「悟りの境地(Awaken)」に至るまで、息をつかせぬ怒濤のパフォーマンスが待ち受けている。さらに嬉しいことに、ARWの3人が共作した新曲のレコーディングが進められており、4月の日本公演でそれが披露される可能性も高い。

    ARWの来日公演の見どころは、ずばりバンド名そのままに、ARWの3人が同じステージに立つということにある。3人がバンドメイトとして顔を合わせるのは、1991年の8人イエスの時以来となり、この時意気投合したリックとトレヴァーは、イエス内で一緒に演奏することを望んだものの、マネージメントの問題などの理由からその望みは叶えられなかった。約25年の時を経て、その2人の想いを繋ぎ合わせたのがジョンであり、2人は遂に再び同じステージに立つことになった。さらにトレヴァーに至っては、1994年の日本公演をもってイエスを脱退しているため、いくつかのゲスト出演を除けば、事実上22年ぶりの現役復帰となる。スティーヴ・ハウのプレイ・スタイルとは異なり、ソリッドでパワー・ロック的なトレヴァーのギターが炸裂し、会場を沸かすのを見逃す手はないだろう。

    常にプログレッシヴであり続けること、それがジョン・アンダーソンの信条であり、その想いがトレヴァー・ラビンとリック・ウェイクマンに伝わり、どのようなサウンド・マジックを聴かせてくれるのか、今から楽しみで仕方がない。イエス・ミュージックの魂を正しく継承するものたちによる、イエスを超える壮絶なパフォーマンスに期待したい。

    片山 伸

PAGE TOP