RINGO STARR And His All Starr Band/リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド

NEWS 最新情報

  • RINGO STARR And His All Starr Band 東京初日公演のライヴレポートが到着!
    2019.04.04

    ●RINGO STARR AND HIS ALL STARR BAND
    2019年4月3日(水)
    東京 昭和女子大学 人見記念講堂

    リンゴが日本に帰ってきた!
    約2年半ぶりのジャパン・ツアー。リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンドを率いての来日だ。
    すっかりレギュラー・メンバーとなっているスティーヴ・ルカサー(ギター、ヴォーカル/TOTO)とグレッグ・ローリー(キーボード/元サンタナ〜ジャーニー)に加えて、今回はコリン・ヘイ(ギター、ヴォーカル/元メン・アット・ワーク)が初参加。また、ヘイミッシュ・スチュワート(ベース、ヴォーカル/元アヴェレージ・ホワイト・バンド)が2008年以来の参加を果たしている。さらにグレッグ・ビソネット(ドラムス/元デイヴ・リー・ロス・バンド)とウォーレン・ハム(サックス、パーカッション/元カンサス)という実力派が加わったバンドは、“オール・スター”の名に相応しいものだ。

    客電が落ち、バンドがぞろぞろステージに上がると、最後にリンゴが登場。さっそくトレードマークのダブル・ピース・サインを披露、一気に観衆を沸かせる。
    「マッチボックス」「明日への願い It Don't Come Easy」「消えた恋 What Goes On」というレアめの3曲から始まったショーだが、場内はスマイルに溢れ、マニア特有のギスギスした雰囲気はない。もちろんそれは前回の来日公演でもこの3曲が演奏され、馴染みがあるのも理由だが、フロントマンとしてのリンゴの暖かみによるものが大きいだろう。ステップを踏みながらステージ左右を行ったり来たり、常に観衆とのコミュニケーションを取る彼は“元ビートルズ”らしからぬ親しみを放っている。そんな暖かみは観衆にも伝わっていき、リンゴに「ホワッツ・マイ・ネーム?」と訊かれると、律儀に「リンゴ!」と答える。

    リンゴがドラムキットに向かうと、オール・スターに焦点を当てたコーナーのスタートだ。
    オール・スター・バンドのライヴの魅力は、それぞれのスター達が自分の“持ち歌”を披露するのに加えて、他のスター達とのコラボレーションを行うことにある。グレッグ・ローリーが在籍したサンタナのファースト・アルバムからの「イヴィル・ウェイズ」では、スティーヴ・ルカサーがカルロス・サンタナばりの情熱的なギター・ソロを弾きまくった。
    グレッグに「7年来の友達だよ」と紹介されたスティーヴは、1ヶ月前にTOTOで40周年ジャパン・ツアーを行ったばかり。「これから一生、毎月日本に来るよ!」と宣言する。先月、日本中のTOTOファンが聴いたばかりの「ロザーナ」を再び聴くことが出来るとは、この国もまだ捨てたものではない!
    アヴェレージ・ホワイト・バンドの「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」からメン・アット・ワークの「ダウン・アンダー」と、全米ナンバー1ヒットが続く豪華なライヴ(ちなみに「ロザーナ」も全米2位のヒット)。とはいっても、ステージ上にいる彼らはみんな友達だ。ヘイミッシュとコリンは「僕たちは2人ともスコットランド出身なんだよ」と肩を組む。(オーストラリアを代表するロック・バンドのひとつであるメン・アット・ワークだが、コリンは実はスコットランド生まれで、14歳のときにオーストラリアに移住したのだとか。余談ながらAC/DC、オリヴィア・ニュートン・ジョン、ビー・ジーズ、グラハム・ボネットなど、イギリス出身でオーストラリアに移住したアーティストは少なくない)
    そして舞台の中心は、“主役”のリンゴに戻る。「私が昔いたバンドの曲だ。ローリング・ストーンズというバンドだよ」というギャグを飛ばす権利がある人間は、世界にたった2人しかいない(リンゴとポール)わけだが、 演奏されたのは、リンゴがビートルズ加入後、初めてリード・ヴォーカルを取った「ボーイズ」だった。アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』では決して目立つポジションにあるわけではないこの曲だが、会場がひとつになって「パッ、シュワッ」とスキャットを歌う。
    それだけで十分以上の盛り上がりというのに、ダメ押しのように「ドント・パス・ミー・バイ」「イエロー・サブマリン」の2連発が飛び出す。どちらかといえばのんびりした、牧歌的なメロディの両曲だが、観衆のヒートアップは尋常ではなかった。リンゴは満足そうな笑顔を浮かべ、いったんステージを後にする。

    そうしてオール・スター・コーナーの第2幕が始まる。「初めて日本に行ったとき(1976年)、この曲が流行っていたんだよ」というヘイミッシュの紹介から始まったのが「カット・ザ・ケイク」。そしてグレッグが「ピーター・グリーンが書いて、フリートウッド・マックが録音した」と紹介したのが、サンタナでも有名な「ブラック・マジック・ウーマン」だった。この曲では再びスティーヴが火を噴くリード・ギターで会場の温度を上げる。
    リンゴがステージに戻り、「ユア・シックスティーン」「アンセム」で観衆を和ませる。彼は後者を「ピースとラヴのアンセムだ」と紹介し、本人のみならず観客もダブル・ピース・サインを掲げて平和と愛への支持を表明した。
    それから後は、曲目をリストアップするだけで全身が熱くなっていくヒット・パレードだ。メン・アット・ワークの「オーヴァーキル」、TOTOの「アフリカ」、アイズリー・ブラザーズの曲をアヴェレージ・ホワイト・バンドがカヴァーした「ワーク・トゥ・ドゥ」、サンタナの「僕のリズムを聴いとくれ Oye Como Va」、ビートルズ「彼氏になりたい I Wanna Be Your Man」、メン・アット・ワークの「ノックは夜中に Who Can It Be Now?」、そしてTOTOの「ホールド・ザ・ライン」...いったい合計で何千万枚売れたんだ?と眩暈がしそうな曲が続く。

    一連のヒット・ナンバーが続いても、“主役”のリンゴは余裕しゃくしゃくだ。それもその筈、「今日来てくれたみんな、大好きだよ。みんなの写真を撮りたいね!」という前置きから始まった「想い出のフォトグラフ Photograph」も全米ナンバー1を獲得しており、リンゴ自身が他のメンバーとまったく遜色ないヒット・メイカー、しかも“元ビートルズ”なのだから。だからといって尊大な素振りをするリンゴではない。ライヴ全体に音楽へのスマイル、ラヴ、ピースが漲っていた。
    「アクト・ナチュラリー」で喝采を浴びた後、グランド・フィナーレとして演奏されたのが 「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」だ。作曲クレジットこそレノン/マッカートニーだが、誰が何と言おうがビートルズ時代のリンゴの決定的な代表曲。この曲をプレイせずしてステージを後にすることは出来ないし、ファンも家路に就くことが出来ない。一緒に歌って、手拍子を打って、ショーは幕を下ろした。最後にはかつての盟友ジョン・レノンの「平和を我等に Give Peace A Chance」が付け加えられた。リンゴが高くダブル・ピース・サインを掲げて、オール・スター・ショーは終わりを告げた。
    アンコールは無しとはいえ、たっぷり24曲、2時間のステージは、満腹感を伴うライヴだった。近年、ベテラン・アーティストの公演では観客が着席、アンコールになって立つことが少なくないが、この日は1曲目からオールスタンディング状態。みんな立ち上がらずにいられない、そんな楽しいライヴだった。

    文/山崎智之
    写真/土居政則

     
  • RINGO STARR And His All Starr Band ジャパン・ツアー開幕!初日公演のライヴレポートが到着!
    2019.03.28

    通算5回目・およそ3年振りとなる日本公演の記念すべき幕開けはここ福岡から!定刻の19時を少しまわったところで会場内が暗転。ステージ袖からオール・スター・バンドのメンバーが次々と定位置につくと最後に今夜の主役であるリンゴ・スターが両手でピース・サインをしながら颯爽とステージに登場!「レイディーズ・アンド・ジェントルマン、プリーズ・ウェルカム・リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンド!!」というアナウンスの直後、グレッグ・ビソネット(Dr.)のカウントからオープニング・ナンバー「Matchbox」でステージがスタート。カール・パーキンスのナンバーでビートルズ時代のカヴァー曲で幕が開くとリンゴから「ピース&ラヴ、エヴリバディ」と挨拶が。続く「アー・ユー・レディ・ハヴ・サム・ファン?」、「アー・ユー・レディ・ヒア・サム・グッド・ミュージック?」という問いかけにオーディエンスが「イエーイ!」と応えるとそれを受けて2曲目の「It Don’t Come Easy」(明日への願い)へ。1973年リリースの本格的なオリジナル・ソロ・アルバム『リンゴ』収録曲で本国イギリスでは自身初のシングルとしてアルバムに先駆けて1971年にリリースされた記念すべきナンバー。メロディックなイントロが始まるとオーディエンスの手拍子が自然と巻き起こり会場の雰囲気が一気にリンゴ・スターの世界に。曲が終わると「アイ・ゲット・トゥ・エキサイテッド!」とリンゴからも興奮気味の言葉が。続く3曲目、「この曲はレノン・マッカートニー・スターキーで書いた曲」という紹介とともに「What Goes On(消えた恋)」へ。ザ・ビートルズのアルバム『ラバー・ソウル』収録のナンバーでリンゴのソングライター・デビュー作。この3曲ですっかり会場は温まった雰囲気に。

    ここでリンゴがステージ後方へのステップを上がりドラム・セットに就くと、最初のオール・スター・バンド・メンバーのソロ・パートがスタート。リンゴからの紹介を受けてまずはグレッグ・ローリー(Key./Vo.)がサンタナの「Evil Ways」(ウィリー・ボボのカヴァー)を。今回の参加メンバー5人~G.ローリー、スティーヴ・ルカサー(G./Vo.)、ヘイミッシュ・スチュワート(B./G./Vo.)、コリン・ヘイ(G./Vo.)、ウォーレン・ハム(Sax./Perc./Vo.)~による分厚いコーラス・ワークとバンド・アンサンブルが見事で曲の終盤ではスティーヴの高速ギター・ソロが炸裂!その勢いのままスティーヴがTOTOの「Rosanna」を。彼は一カ月前にTOTOとしての日本公演を終えたばかりで短期間での再来日はファンとしては嬉しい限り!曲の終盤ではジャングル・ビートに乗せたジャム・セッション風なアレンジが施され、グレッグ、ウォーレン、スティーヴがそれぞれ見事なソロ・プレイを披露。早くも「本編ラスト」かのようなヒート・アップ振りにオーディエンスも大歓声で応えます。続いてスティーヴの紹介を受けてバトンはヘイミッシュへ。この2人がそれぞれベースとギターを持ち替えてヘイミッシュのヴォーカルによるアヴェレイジ・ホワイト・バンドの「Pick Up The Pieces」。70年代ホワイト・ファンク最高峰のナンバーをリンゴとグレッグによる重厚なダブル・ドラムで聴けるのはこのライヴならでは。続いてヘイミッシュからの紹介を受けてコリンがギター・リフを弾き始めるとウォーレンによる印象的なフルートの音色が。メン・アット・ワークの「Down Under」!コリンの80年代当時と変わらぬハイトーン・ヴォイスは鳥肌もの。ここまでの内容で次々と多様なナンバーを変わらぬテンションでプレイするオール・スター・バンドの素晴らしい演奏力にふと気が付いて、いたく感動。ライヴ序盤の7曲で早くも他のライヴの1公演分と同じくらいの満足感が。(笑)この豪華メンバーによるライヴは実に贅沢です。
    ここで再びリンゴによるザ・ビートルズ・ナンバーのコーナーへ。「Boys」(ザ・シュレルズのカヴァー)、「Don’t Pass Me By」と続いた後「次の曲はみんなが知ってるよ」と言って始まったのは「Day Tripper」か!?と思ったらイントロだけで終わる軽いジョークで。。。「違う、それじゃないよ」と笑いながら仕切り直しての「Yellow Submarine」。スティーヴのアコーステック・ギターが、のどかなムードに華を添えます。ここで一旦リンゴがステージから離れてメンバーによるソロ・パートが2曲。ヘイミッシュがアヴェレイジ・ホワイト・バンドの「Cut The Cake」、グレッグがサンタナの「Black Magic Woman/Gypsy Queen」(フリートウッド・マックとガボール・ザボのカヴァー)を。「Gypsy~」の終盤では再びスティ-ヴの本家真っ青な高速フレーズの嵐によるギター・ソロに加えてグレッグもラテン・パーカッシヴなドラム・ソロで応戦。

    そしてリンゴが鮮やかな白いジャケットに着替えて再登場しライヴ後半の始まり。バンド・メンバーをひとりひとり紹介した後、ソロ作品から「You’re Sixteen」(ジョニー・バネットのカヴァー)と「Anthem」の2曲を披露。「Anthem」では背景にピースマークが映し出され「平和と愛」を願うリンゴの強いメッセージが伝わって来ます。
    リンゴがドラム・セットに就いて再びメンバーのソロ・パートへ。まずはコリンによるメン・アット・ワークの「Overkill」。この曲でも圧巻のハイトーン・ヴォイスを聴かせたコリンに対して、曲が終わるとスティーヴから「俺のお気に入りの声」との賛辞が。そのスティーヴの「プリーズ・シング・アロング」というMCから曲はTOTOの「Africa」へ。メンバーの鉄壁なコーラス・ワークが際立つとともに、先のコリンのハイトーン・ヴォイスがこの名曲に見事にハマるという奇跡に大いに感動。今日何度目かのハイライトの後はヘイミッシュによるアヴェレイジ・ホワイト・バンドの「Work To Do」(アイズレー・ブラザーズのカヴァー)でクールダウンか?と思いきや、見事なファルセット・ヴォイスと切れ味溢れるカッティング・ギターで最高のグルーヴを体感。心躍るテンションのまま今度はグレッグが「オーラ!」(スペイン語の挨拶)と掛け声を放った後、サンタナの「Oye Como Va(僕のリズムを聞いとくれ)」(ティト・プエンテのカヴァー)へ。曲中では本領発揮と言える圧巻のキーボード・ソロを披露。そして終盤はサンタナ楽曲恒例と化したスティーヴによるギター・ソロ。とりわけこの曲でのチョーキングとアーミングを駆使した超絶プレイは彼が正真正銘のトップ・ギタリストであることを強く印象付けました。

    そしてリンゴによるドラム&ヴォーカル曲「I Wanna Be Your Man」(ザ・ビートルズ)でR&Rモードにリセットされてライヴは終盤に突入。コリンによるメン・アット・ワークの「Who Can It Be Now(ノックは夜中に)」、スティーヴによるTOTOの「Hold The Line」が続けて披露された後、リンゴがドラム・セットを離れてステージ中央へ。曲は彼の温かな人柄と音楽性が最も表れたソロ代表曲「Photograph(想い出のフォトグラフ)」。ピースフルなイントロに全身が包まれて、同じ空間で同じ時間を「リンゴ・スター」と過ごせている幸福感がピークに達し目頭が熱くなります。続くザ・ビートルズの「Act Naturally」(バック・オーウェンスのカヴァー)でも彼独特の左右交互にハッピーにステップを踏むあの姿は変わらず、セット・リストは遂にザ・ビートルズ時代のリード・ヴォーカル代表曲「With a Little Help From My Friends」へと進行。立ち上がって大きな手拍子を贈りながら歌うオーディエンスにリンゴもジャンプしながらの手拍子とWピース・サインで応えます。エンディングでのリフレインの後「サンキュー!グッドナ~イト!!」と軽快な足取りでステージ袖へ帰ったと思いきや。なんとバンドの演奏が突然「Give Peace A Chance(平和を我らに)」へと切り替わるとリンゴが駆け足でステージに戻ってきたではないですか!再びリンゴが両手を挙げてピース・サインをすると会場中がピース・サインで溢れる美しい光景となって、また目頭が熱くなりました。やがてバンド・メンバーを残してリンゴが先にステージを去り、追って演奏を終えたオール・スター・バンドの面々がステージ上に一列に並んでオーディエンスにおじぎをして全てが終了。全24曲・2時間ノンストップのライヴは終始「Peace&Love」な雰囲気で満ち溢れ、素晴らしい楽曲と演奏が凝縮された濃密なステージでした。この言葉に出来ない「感動」はその場で体験しないとわからないもの!さあ、あなたも是非会場へ!!

    文/松田康宏
    写真/田中紀彦

     

    セットリスト

                     
  • RINGO STARR And His All Starr Band リンゴ・スター、福岡空港到着時の映像が到着!ジャパン・ツアー遂にスタート!
    2019.03.27

    リンゴ・スターがおよそ3年ぶりとなるジャパン・ツアーのため、3月26日(火)15時頃、福岡空港に到着しました!
    到着ロビーに姿を現したリンゴ・スターはカメラに対して「また日本に戻ってこれて嬉しいよ。皆さん、是非コンサート会場に来てください。とても楽しいですよ、良い音楽が沢山です。」と挨拶。
    空港には来日を待ちわびたファンが集結。握手を交わすなど日本のファンとの再会を果たしました。

    オール・スター・バンドにはスティーヴ・ルカサー、グレッグ・ローリー、ヘイミッシュ・スチュワート、コリン・ヘイ、ウォーレン・ハム、グレッグ・ビソネットといった錚々たるメンバーが集結!ヘイミッシュ・スチュワート、コリン・ヘイは日本公演初参加となります。

    ジャパン・ツアーは本日の福岡公演を皮切りに、7都市11公演開催!
    公演詳細はこちら https://udo.jp/concert/RingoStarr

PAGE TOP