UDO 音楽事務所

CHEAP TRICK/チープ・トリック

NEWS 最新情報

  • CHEAP TRICK 4年振り来日公演にあわせて1977年デビュー直後の貴重なライヴが来日記念盤として世界初CD化!
    2022.07.25
    デビュー45周年を迎え、4年振りとなる来日公演が11月に開催されるチープ・トリックの来日記念盤『ライヴ1977』が9月21日発売となることが決定した。『at武道館』で大ブレイクする前夜、デビュー直後のチープ・トリックの姿を捉えた、若き日の彼らのハイテンション、ハイエナジーな最高のライヴ・パフォーマンスが最高のクォリティ、臨場感溢れる迫力のサウンドで甦る、即完売した2020年レコード・ストア・デイ用のアナログと、デジタルのみで発売されていた45年前のライヴ『Out To Get You! Live 1977』が、日本のみ更にボーナス・トラックを追加した2枚組で世界初CD化が実現。1977年6月3日と4日、LAのウィスキー・ア・ゴーゴーでのライヴより22曲収録。更にボーナス・トラックが6曲追加収録され、日本のみCDで発売されることが特別に許諾されたもの。

    ソニーミュージックのマスターテープ倉庫で発見された、オリジナル・マスターテープよりグラミー賞受賞のガイ・マッシー(ビートルズ再発、オアシス、レディオヘッド、エド・シーラン他のエンジニア、ミキサー)がリマスター。この時点では発表前のセカンド・アルバム『蒼ざめたハイウェイ』、サード・アルバム『天国の罠』に収録されることになる楽曲や、後にライヴで定番化する名曲の数々が、異なる歌詞やアレンジで演奏されているのも聴きどころのひとつ。

    当時のドラマーのバーニー・カルロスはこのライヴについてこう語っている。
    「1977年のWhiskyでのショーは、Cheap Trickがバー・バンドからシアター・クラスへのバンドに変貌を遂げようとする移行期だった。翌年には『at 武道館』が録音され、それがリリースされると、このテープはお蔵入りになってしまったんだが、このテープにはバンドのハングリーな姿が収められている。ここには最初の2枚のレコードに収録されている曲を中心に、2晩のクールな演奏がぎっしり詰まっているんだ。ここに収録されているライヴは全て気に入っている。1977年の僕らのライヴ録音はあまりないからね。とにかく素晴らしいよ!」――バン・E・カルロス

    日本のファンだけのためにCD化が許諾された特別な来日記念盤『ライヴ1977』は、詳細な解説と歌詞対訳付で9月21日発売。

    <来日記念盤>
    チープ・トリック 『ライヴ1977』
    Cheap Trick /Out To Get You Live 1977
    2022年9月21日発売 SICP-6484~5(2枚組) ¥3,000(税込) 解説・歌詞・対訳付
    [DISC 1]
    1. Hello There (06/03/1977 - Late Show)/ハロー・ゼア
    2. Come On Come On (06/03/1977 - Late Show)/カモン・カモン
    3. Oh Candy (06/04/1977 - Late Show)/オー・キャンディ
    4. Speak Now or Forever Hold Your Peace (06/03/1977 - Early Show)/スピーク・ナウ・オア・フォーエヴァー・ホールド・ユア・ピース
    5. Elo Kiddies (06/03/1977 - Early Show)/エロ・キディーズ
    6. Hot Love (06/04/1977 - Early Show)/ホット・ラヴ
    7. Southern Girls (06/04/1977 - Early Show)/サザン・ガールズ
    8. Cry Cry (06/04/1977 - Early Show)/クライ・クライ
    9. Big Eyes (06/04/1977 - Early Show)/ビッグ・アイズ
    10. High Roller (06/03/1977 - Early Show)/ハイ・ローラー
    11. He's a Whore (06/03/1977 - Late Show)/ヒーズ・ア・ホア
    12. Daddy Should Have Stayed In High School (06/03/1977 - Late Show)/ダディ・シュッド・ハヴ・ステイド・イン・ハイ・スクール
    13. Can't Hold On (06/03/1977 - Early Show)/キャント・ホールド・オン
    14. Clock Strikes Ten (06/03/1977 - Late Show)/今夜は帰さない
    15. Loser (06/03/1977 - Late Show)/ルーザー
    16. Taxman, Mr Thief (06/04/1977 - Late Show)/タックスマン、ミスター・シーフ

    [DISC 2]
    17. Ain't That a Shame (06/04/1977 - Early Show)/エイント・ザット・ア・シェイム
    18. Oh Caroline (06/04/1977 - Early Show)/オー・キャロライン
    19. Oh Boy (06/04/1977 - Early Show)/オー・ボーイ
    20. You're All Talk (06/04/1977 - Early Show)/ユーアー・オール・トーク
    21. Auf Wiedersehen (06/04/1977 - Late Show)/サヨナラ・グッバイ
    22. Goodnight (06/04/1977 - Late Show)/グッドナイト
    Bonus Tracks
    23. Down On the Bay (06/03/1977 - Early Show)/ダウン・オン・ザ・ベイ
    24. Mrs. Henry (06/04/1977 - Late Show)/ミセス・ヘンリー
    25. Violins (06/04/1977 - Late Show)/ヴァイオリンズ
    26. The Ballad of T.V. Violence (I'm Not the Only Boy) (06/04/1977 - Early Show)/ザ・バラッド・オブ・TV・ヴァイオレンス
    27. You're All Talk (06/04/1977 - Late Show)/ユーアー・オール・トーク
    28. Goodnight (06/04/1977 - Early Show)/グッドナイト

CONCERT INFO/公演情報

PAGE TOP