KESHA/ケシャ

Rainbow Tour 2018

NEWS 最新情報

  • KESHA ジャパン・ツアー開幕!初日公演のライヴレポートが到着!
    2018.10.02

    今年4月に予定されていた単独来日公演が、本人の怪我の影響により延期になっていたケシャ。待望の振替公演が、10月1日Zepp Tokyoからスタートした。

    ステージにはスモークに包まれた大きな宇宙船のオブジェ、その中からオーロラのように光る白いケープと、星の配列を模した大きなヘッドピースという装いでケシャが登場し「こんにちは、東京!」と呼びかけると歓声が一気に大きくなる。
    最新作『レインボー』から「ウーマン」でパワフルにスタート。4人のバンドのグラマラスな演奏の中、2人のダンサーとともに中指を立てダンスしながら早速強いメッセージを歌に込める。
    続く「ブラー・ブラー・ブラー」ではグリッターの効いたパープルのギターを鳴らしながら歌うのだが、この歌声に魔法にかけられたように引き込まれてしまう。
    最新作では、自身の音楽的ルーツであるロックやカントリーなどを全面に押し出し、新しいスタートを切った。“パーティー・ガール”なイメージでデビューした彼女だが、その音楽の引き出しの多さと歌い手としてのパワーに改めて驚かされる。
    このステージでも、のっけから最高のロック・パーティーに私たちを誘い込むその歌の力がとにかく凄い。
    3曲目「ブギー・フィート」では、ダンサーとのシアトリカルなダンスで魅せながら表情豊かな歌声で盛り上げた後、「この曲は、私のLGBTQアニマルズのために歌います。」と伝え「ウィー・アー・フー・ウィー・アー」へ。
    曲の最中にも「この曲は基本的人権について歌っているの。全ての人はイコールでしょ?」と叫ぶと、観客は声援でそれに賛同する。彼女が“声を上げる者たち”のアイコンになっていることが伝わる前半のハイライトだった。
    スペーシーでスピリチュアルなインタールードを挟み、お色直しをしたケシャが再び登場。
    フロアからもコーラスが大きく聴こえるようになった新作からのナンバー「ラーン・トゥ・レット・ゴー」「バスターズ」あたりからますます一体感が増していき、観客からプレゼントを受け取り「ショウの後に開けるね。」という微笑ましいやりとりも。
    アコギとともに「ゴジラ」を包容力たっぷりに歌い上げた後、ギタリストと嬉しそうにハイタッチをする姿など、彼女から溢れ出る自然体の可愛らしさや懐の深さまでも垣間見えるステージで、その人間的な魅力とアーティストとしてのカリスマが目を惹きつけて離さない。
    白いエレキギターを弾きながら歌ったピットブルとのコラボ曲「ティンバー」でも大合唱がおき、ファンとひとつになった。

    ケシャは再び衣装チェンジ、続いては青×赤ストライプの片足を出したアシンンメトリーのキラキラレオタードで登場し、前作から「ダイ・ヤング」ロック・バージョンを披露。パーティー感を損なわずに、彼女のスピリットを表現した見事なアレンジだった。
    自分の衣装を真似た女性をフロアに見つけ「最高!」と声をかけたと思ったら「一緒に写真を撮ろうよ。」と誘い、嬉し泣きする女性に「泣かないで、大丈夫よ。これは嬉し涙よね?」と優しく声をかけるケシャの振る舞いに、会場中がピースフルなムードに包まれた。
    彼女の人間力を実感するとともに、今回は物理的な距離だけではなく心の距離まで近いライブだと感じる。
    会場が温かい空気に包まれたところで1作目から「ユア・ラブ・イズ・マイ・ドラック」。ケシャ流ラップでは独特の歌い回しに惚れ惚れ。
    途切れず「テイク・イット・オフ」に突入。演奏中にフロアから2本のブラジャーが投げ込まれ、それを彼女がぶんぶん回しながら歌う姿につられ会場の熱気は最高潮に!
    ブラジャーをマイクスタンドにかけたまま「次でラストソングだけど、またすぐ戻ってくるからね!」と笑いを誘い「ブロウ」へ。ローからハイトーンのシャウトへ、彼女の声の魅力を余すところなく聴かせてくれ本編は終了。

    鳴り止まぬ大拍手を経て、すぐにアンコールに登場したケシャ。悲鳴のような歓声の中でピアノの音が響き、それが「プレイング」のイントロだと分かるとどよめきに変わる。「この曲は、たくさんのハードなことを乗り越えて出来ました。」と短いMCのあと彼女が歌い出すと、思わず1月に開催されたグラミー賞でのパフォーマンスと重なる。怒りや悲しみとの決別、許し、そして癒し。絶望していたケシャが出口を見つけた時に生まれたこの楽曲に、そして力強い歌声に込められた慈悲の心に会場中が涙し震えた。
    「あなたたちはこの地球で一番のファンよ。本当にありがとう。」そう伝えると、彼女は大きな拍手に包まれた。
    「最後の曲への準備はいい?」と自身もカラフルなメッキテープをあしらったジャケットを羽織り準備を整え、スタートしたのは「ティック・トック」!あっという間に再びパーティー・モードに!
    昨日誕生日を迎えたというスタッフを呼んで顔にケーキを投げつけたり、口に含んだジュースをダンサーの顔に思いっきり吹きかけるなど、ステージ上は一瞬にしてはちゃめちゃになったが、それも彼女らしいと観客の満面の笑顔が印象的だった。

    音楽の力と人間的な魅力で、私たちを一番高い場所まで連れて行ってくれた本当に素晴らしいショウだった。
    人生の困難を乗り越えた今のケシャのパフォーマンスに、大きなパワーをもらった。
    このあとも10月2日Zepp DiverCity、10月4日Zepp Nambaと公演は続くので、少しでも迷ったら是非お出かけを。

    奥浜レイラ

CONCERT INFO/公演情報

PAGE TOP