中井智彦 トーク&ライブ-uta friends! -

NEWS 最新情報

  • 中井智彦 トーク&ライブ-uta friends! - Vol.3の開催が決定しました!
    2019.03.12

    ミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演の中井智彦が、「深く話をお聞きしたい」と思っている方をゲストに迎え、ここでしか聞けない"お話"とスペシャルな"歌"をお届けするトーク&ライブ第3弾!!

    歌唱力・表現力がダイレクトに伝わる空間で繰り広げられる特別な時間を、どうぞお楽しみに!!


    ◆出演者紹介

    中井 智彦 (NAKAI TOMOHIKO)
    表現者・シンガー・俳優。

    東京芸術大学卒。卒業時に同声会賞を受賞。2007年ミュージカル「レ・ミゼラブル」でデビュー。艶のあるバリトンボイスを持ち味に、圧倒的な表現力と歌唱力で、ミュージカルやライブを中心に活動中。
    2010年から5年間、劇団四季に所属。「美女と野獣」(野獣役)と「オペラ座の怪人(ラウル役)はそれぞれ約500ステージをつとめる。
    劇団四季退団後、自ら企画/構成/演出/作曲を手がける独り舞台「詩人・中原中也の世界」を発表。ミュージカル・舞台に加え、制作・コンサート活動も精力的に行う。サラブライトマン日本ツアーにバックコーラスとして参加。テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」出演。

    CDは1stCD「私の歌を聴いてくれ」(サウンドプロデュース:シングライクトーキング西村智彦)/CD&BOOK「詩人・中原中也の世界-在りし日の歌-」/ライブ録音CD「愛せぬならば」「ひそかな夢」「見果てぬ夢」がある。

    【今後の出演舞台】 
    2019.4〜 ミュージカル「レ・ミゼラブル」(全国ツアー公演)

    ◎オフィシャルサイト&ファンクラブ https://www.nakaitomohiko.jp

    長濱 司(ピアノ)
    1994年 北海道生まれ。4歳より電子オルガン、9歳よりピアノを始め、その後様々な音楽と触れ合う。
    2012年、国立音楽大学音楽学部演奏学科ジャズ専修(ピアノ)2期生として入学。大学在学中ポップスやオーケストラの作編曲にも興味を持ちはじめ、演奏も作編曲もできる音楽家になることを目指すようになる。
    2016年に大学を卒業後、現在は、J-POPを中心に様々なジャンルの楽曲制作をメインとして、ライブのピアノサポートやミュージカルの稽古・本番ピアノ演奏などの活動も行なっている。


    ゲスト:今井俊輔(バリトン)

    群馬県出身
    東京藝術大学を首席で卒業。同大学院終了。その後イタリアへ渡る。
    松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。
    皇居内の桃華楽堂にて御前演奏会に参加。
    2013年ライプツィヒとの提携公演『マクベス』マクベス役にてオペラデビュー(東京文化会館)その後、東京二期会の海外提携公演『トスカ』スカルピア役(ローマ歌劇場提携公演)『外套』ミケーレ役(ウィーン、デンマークとの提携公演)『ジャンニ・スキッキ』(ウィーン、デンマーク歌劇場提携公演)『アイーダ』アモナズロ役(ローマ歌劇場提携公演)と全て主役、主要役で出演し続ける。劇場を包む圧倒的声量と黒い質感の響き、悪役など難癖もある役に評価が集まる。またBS日テレ、毎週月曜19時より放送中『BS日本・こころの歌』のフォレスタとして2003年より活躍をしている。これにより、ジャンルの垣根を超え2000曲近い曲目をレパートリーとして納めている。
    フォレスタ・コンサートは年間100公演を行っていたが2018年より、オペラや舞台、個人コンサートに集中するため、コンサートメンバーとしての活躍を辞退。現在はテレビ収録のみの参加となっている。
    中井智彦とは東京藝術大学の同級生。2011年に劇団四季にて再開ののち2019年成人の日コンサートにて再び意気投合する。
    東京二期会会員

EVENT INFO/イベント情報

PAGE TOP