TOTO/トト

40 TRIPS AROUND THE SUN TOUR

NEWS 最新情報

  • TOTO 新曲「DEVIL’S TOWER」のリリック・ビデオが公開!スティーヴ・ルカサーの最新ビデオメッセージも到着
    2019.01.25

    いよいよ来月2月14日(木)の広島公演を皮切りにデビュー40周年記念JAPANツアーをスタートさせるTOTO。1978年のデビュー以来、「アフリカ」、「ロザーナ」、「ホールド・ザ・ライン」などロック/ポップス史上に残る数多の名曲を生み出し、AORの代表的なバンドとして多世代の音楽ファンから世界的な支持を集め続ける彼らの40周年を祝う特別なステージに期待が高まる中、新曲「DEVIL’S TOWER」のリリック・ビデオが公開となった。

    既に配信中の「DEVIL’S TOWER」は、デビュー40周年を記念してリリースされた<40年全部入り>豪華デラックスBOX『ALL IN』(輸入盤のみ)に同梱された最注目DISC、『OLD IS NEW』の収録曲。『OLD IS NEW』は、収録10曲が全て“新曲”で構成されており、うち5曲はバンドが40周年に向けて2017年に書き下ろしたもので、残る5曲は、1981年から1984年にかけての未完のレコーディング・セッション音源にメンバーが新たなセクションを書き加え、追加録音を行って完成させたもの。つまり、全盛期のジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト(更には当時20代だった自分達)のプレイにあわせて2017年のスティーヴ・ルカサーやデヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ポーカロらが新たにプレイしているというわけだ(「ALONE」、「SPANISH SEA」、「STRUCK BY LIGHTNING」の3曲は最新ベスト盤『40トリップス・アラウンド・ザ・サン』に収録)。

    「DEVIL’S TOWER」は、全盛期のジェフ・ポーカロとデヴィッド・ハンゲイトの演奏が聴ける、最も古い楽曲の一つ。原曲のドラム、ベース、ピアノ、オルガンとエレキ・ギターは1981年の録音のまま残っており、ヴォーカルとギターが新しく足されている。冒頭からバンドの初期のサウンドを彷彿とさせつつも、曲が進むにつれてより現代的なサウンドになっていくのは今回のミックスとマスタリングに依るところも大きい。最新アルバム『TOTO XIV』或いは、歴史的名盤『TOTO IV』に入っていてもおかしくない自由自在なTOTO流ロック・ナンバーで、このたび公開されたリリック・ビデオは<40トリップス・アラウンド・ザ・サン>TOURからのライヴ・スチールを中心に、“新曲のライヴ・パフォーマンス”といった趣で構成されている。
    スティーヴ・ルカサーは「今回はバンドの歴史を総括するツアー。ヒット曲はもちろんのこと、レア曲、そしておそらく新曲もプレイすると思うよ」と語っており、スティーヴ・ポーカロも「日本のファンはTOTOの音楽をディープに聴き込んでくれているから、(セットリストは)<グレイテスト・ヒッツ>だけでなく、いくつかサプライズも用意しておくよ。彼らが一瞬耳を疑って、それから笑顔になる光景が楽しみだね」と語っている。今回のリリック・ビデオの映像が、日本のステージでリアルな光景として実現するのも大きな楽しみの一つだ。


    ■「DEVIL’S TOWER」リリック・ビデオ

    ■スティーヴ・ルカサー最新メッセージ動画


    【関連リリース情報】
    幻の未発表音源を基に完成した新曲3曲を収録した、デビュー40周年記念最新ベスト・アルバム
    TOTO 『40 トリップス・アラウンド・ザ・サン ~グレイテスト・ヒッツ~』
    好評発売中/配信中
    http://www.sonymusic.co.jp/artist/Toto/

CONCERT INFO/公演情報

PAGE TOP