RUFUS WAINWRIGHT/ルーファス・ウェインライト

ALL THESE POSES Anniversary Tour 2019

NEWS 最新情報

  • RUFUS WAINWRIGHT 2ndアルバムの解説を掲載!
    2018.11.20
     前回の『ルーファス・ウェインライト』の解説に続いて、今回は『ポーゼス』の解説を掲載致します。3月の来日公演は『ルーファス・ウェインライト』と『ポーゼス』からの楽曲をパフォーマンスすることが決まっています。
     2つの解説を読んで来日公演に臨みましょう!

    『ポーゼス』(2001年)

    「興味深いキャラクターたちが大勢登場する戯曲みたいなもの」と、リリースに際して本作を形容していたルーファスだが、その戯曲の主人公が彼自身であることは間違いない。ファーストで少年期の自分を総括した彼はここにきてニューヨークに乗り込み、チェルシー・ホテルに長期にわたって逗留。部屋にピアノを持ち込み、自分の欲望に正直な若いシングル男性が新しい恋を、新しいスリルを探して都会を闊歩する、必ずしも健全とは言えない享楽的な日々を曲に綴った。そういう意味で、オープニングとエンディングに異なるヴァージョンで収められた、自嘲的ユーモア溢れる曲『シガレッツ・アンド・チョコレート・ミルク』は、当時の彼の自画像にほかならな い。この曲でちゃっかり先回りして許しを請うているセカンド・アルバムはつまり、なんでもトゥー・マッチなくらいやらないと気が済まない、放蕩息子の回顧録なのである。

    ラヴソングを歌うにしても、相手を崇拝し理想化する『グリーク・ソング』や『ザ・タワー・オブ・ラーニング』然り、塔に幽閉されたお姫さまになり切っている『レベル・プリンス』然り、今回はどれもファンタジーであることは明白だ。そして、同名のドキュメンタリー映画と『ベニスに死す』の世界を交錯させた『グレイ・ガーデンズ』から、中世ヨーロッパの宮殿を舞台に選んだかのような『ザ・コンソート』、タイトル通りにLAで繰り広げられる『カリフォルニア』に至るまで、ルーファスは時空を横断して冒険を続ける。

    そんな彼を、ファーストで活躍したピエール・マーチャンド、ロック畑のイーサン・ジョンズ、プロペラヘッズのアレックス・ギフォード、現代音楽のコンポーザーでもあるダミアン・レガシックといった具合に、様々なジャンルで活躍するプロデューサーたちがバックアップ。前作で打ち出したフォーク×クラシカル路線を踏襲しつつ、アレックスが関わった『シャドウズ』ではエレクトロニックなプログラミングを導入し、『カリフォルニア』ではいかにも西海岸ぽいロックを志向して、妹マーサらを交えて歌う父ラウドンの曲『ワン・マン・ガイ』では原曲のスタイルに則ってアコギ伴奏で歌うなど、より多彩で、かつ、曲によってはさらにエキセントリックなサ ウンドを掘り下げている。

    そして終盤、まさにエキセントリックな極と呼べる『イーヴィル・エンジェル』で放蕩生活のダークサイドを覗かせるルーファスは、『イン・ア・グレイヴヤード』で夢からふと醒めたかのようにリアリティと向き合う。アルバムは無事ハッピーエンドに終わるのだ。

    新谷洋子

CONCERT INFO/公演情報

PAGE TOP