NEWS最新情報

お客様還元企画ご当選者からのメッセージ(9月分)
2017.10.04

今年9月に行われましたウドー音楽事務所招聘公演のお客様還元企画当選者の方からコンサートをご覧になった感想を送ってもらいました。


◉MR.BIG◉<フリーパス企画当選者>

J・Tさん

今回、ウドーさんの創業50周年記念企画で、9月26日のMR.BIG武道館公演に幸運にもご招待いただきました。
まさか当選するとは思わず、メールが来たときは驚きましたが、貴重な機会をありがとうございました。
そして、50周年本当におめでとうございます!

個人的にMR.BIGを観るのは、おそらく15年ぶりくらいで熱心なファンとは言えませんが、往年の名曲の数々と最新曲を織り交ぜたセットリストはとても楽しめました。

エリックは57歳になろうかという年齢を考えると、よく声が出ていたと思います。
見た目の若々しさも相まって、いつまでも少年のような佇まいは健在でした。

ポール&ビリーの弦楽器隊は、ますますその卓越した演奏技術に磨きがかかったようで、いとも簡単そうに超絶プレイを弾きこなしていました。

そして、心配していたパットも元気そうで、「誠」と大きく漢字が書かれたTシャツを着て、パーカッションを演奏したり、コーラスをとったりと、ほぼ全編ステージ上に姿を見せていました。
1曲だけですが、“Just Take My Heart”でドラムをプレイする姿には胸が熱くなりました。

終盤メンバー紹介のとき、パットのこれまでのドラマー人生を振り返る映像がパット本人のナレーションで流され、その“諦めない”という姿勢には心を打たれました。
誠に強いハートの持ち主だと思います。これからも頑張ってほしいです。

サポート・ドラマーのマットも、もはや5人目のメンバーと言っていいような活躍ぶりでした。
1歩も2歩も引いて4人を支える姿は素晴らしかったです。おそらく人間性がよい人なんだろうなと思いました。

この夜の最後は、エリックが「特別なプレゼントがある」と言って、新作のタイトル曲“Defying Gravity”を披露しました。
最新ナンバーをオーラスに持ってくるあたりに、懐メロバンドではない、現役バンドとしての気概を感じました。

この夜のバンドを見る限り、2年後に迎える30周年も元気にツアーをできるだろうと確信しました。
そのときは、またぜひこの5人で武道館のステージに立ってほしいです。

PAGE TOP