NEWS最新情報

お客様還元企画ご当選者からのメッセージ(4月分)
2017.06.15

4月に行われました「イディナ・メンゼル」「アンダーソン,ラビン&ウェイクマン」「ドゥービー・ブラザーズ」公演のお客様還元企画当選者の方々から感想を送ってもらいました。

◉イディナ・メンゼル◉<フリーパス企画当選者>

K.S(男性)

久し振りの女性シンガーのコンサート。イディナの声量と音域の広さに圧倒されました。
コンサート全体をとおしての構成の上手さ、見事でした。アメリカ ショービジネスの凄さを感じました。
ゲストの井上君、いつも帝劇で観ている彼とはちょっと違い、相当緊張しているように感じました。デュエット2曲とても素敵でした。
また、終盤でのマイクオフでのアカペラ、感動しました。1986年ホイットニー・ヒューストン初来日の武道館公演を思い出し、胸が熱くなりました。とても素敵な2時間、どうもありがとうございました。

創業50周年 おめでとうございます。
私がウドー音楽事務所招聘のコンサートに初めて行ったのは、1985年のブルース・スプリングスティーンです。もう32年になります。代々木で生のBOSSを観て感動したのが昨日のようです。やっぱりライブは最高です。これからも質の高い洋楽の公演を提供し続けてください。

この度は、フリーチケットを提供して頂き誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

◉イディナ・メンゼル◉<グッズ福袋企画当選者>

T.T(女性)

先日は、イディナ・メンゼル公演 グッズ福袋をいただき、本当にありがとうございました。
コンサート当日は、ダウンコートが必要なくらい寒い日でしたが、武道館のお濠の周りは、ピンク色の綺麗な桜が春を告げていました。
前回のイディナ・メンゼル公演では、「Take Me Or Leave Me 」をファンの方が歌う場面を設けてくださったりしていたので今回もどんな演出をなさるんだろうとワクワクでした。新しいアルバムのジャケットの通りシャープな黒のパンツの衣装で登場したイディナさん、とっても素敵でした。
「Idena」「RENT」「Wicked」から、いろいろ歌ってくださいました。
『Wind Beneath My Wings』から『Defying Gravity』を歌うイディナさんの姿は、本当に涙がこぼれるほど圧巻でした。
井上芳雄さんとのデュエットも楽しく、アナ雪での小さなお嬢さん達の姿も微笑ましく、とても心温まるコンサートでした。
武道館のこんな近くの席でイディナさんの素晴らしい歌声を聴き、姿を見ることができたことは十分すぎる幸せでしたのに、そのうえ、ウドー音楽事務所さまから、たくさんのイディナさんのグッズを頂戴して、さらに思い出に残るコンサートとなりました。
本当にありがとうございました。今でも夢のようです。
素晴らしいアーティストとファンを結び付けてくださるウドー音楽事務所さまに感謝しております。
これからも益々のご発展をお祈り申し上げます。

◉アンダーソン,ラビン&ウェイクマン◉<フリーパス企画当選者>

E.I(女性)

YES featuring Anderson, Rabin & Wakemanに名称変更後初めてのライブに行かせていただきました。オーチャードホールは傾斜があって見やすくオペラグラスを駆使してジョンの歌う時の細かい表情やトレヴァーの弦を捌く指先、リックのマントの銀糸の柄や青いクリスタルの煌めきまでしっかりと見てきました。イエスの楽曲は懐かしいものばかりで思わず体が動き声が出そうになります。ロンリーハートでは皆さん立ち上がられたので私も遠慮なく立ち上がり思いっきり歌わせていただきました。
有難うございました。

◉ドゥービー・ブラザーズ◉<フリーパス企画当選者>

H.K(男性)

ドゥービー・ブラザーズ公演 へご招待ありがとうございました。
大変なベテランですし、コンサートはもっと緩い雰囲気での進行を想定していました。しかし、実際は思いのほかアグレッシブな演奏に、終始執拗に客席を煽っていて、熱量の高さにびっくり。
キャリアの割に、妙に強引というというか、元気というか。最初から勢い良かったですが、後半さらに調子がよくなってました。ロックバンドはCDとライブでは全然違うのが楽しくて。世代が上のバンドでもそれは変わらないなと。

熱心なファンの皆様にとって今日のライブはどうだったんだろうかと逆に気になりました。
以上、素敵な企画をありがとうございました!面白かったです。

◉ドゥービー・ブラザーズ◉<フリーパス企画当選者>

K.S(女性)

ウドー音楽事務所さん、創業50周年おめでとうございます。
4月26日、まさかの還元企画当選のお知らせにウキウキしながら武道館に向かいました。

開演前、ステージのゴールデンゲートブリッジとサンフランシスコの夜景に浮かぶThe Doobie Brothersの文字にもはや心が躍ります。1曲目の『Jesus Is Just Alright』からアリーナ総立ちで盛り上がり、ヒット曲満載のノリノリロックなライブはまさにドゥービー天国!次々と繰り広げられる懐かしいご機嫌な曲の魔法にかかり10代にタイムスリップ、大好きな『The Doctor』のイントロでは思わず飛び上がりそうになりました。” Music is the doctor of my soul ” まさに心癒やされ、キラキラ楽しく元気いっぱいになります。
まさかこの年になって武道館でドゥービー・ブラザーズが見れるなんて。
後半の『Black Water』『Long Train Runnin』『China Grove』、アンコールの『Listen To The Music』一緒にシンガロングできて夢のよう。

ウドーさん、素敵な夜を本当にありがとうございました。

そして、関係者入り口を探してる私を追いかけてきて無線で問い合わせてくれた係の方、笑顔で「当選おめでとうございます」とチケット手渡してくれた係の方、ありがとうございました。他にもたくさんの方の努力でコンサートが実現してることに感謝いたします。

PAGE TOP